一生ものの実印

実印イメージ

日本では契約を結ぶ際に、必ず印鑑を捺印します。それは、諸外国と違って、日本が印鑑社会であるからです。

その中でも、本人であることを証明する印鑑は「実印」と呼ばれ、住民登録を行っている市区町村役所に登録します。
重要な契約には必ず実印が必要で、契約締結には本人であるという一番の確証を示すために実印を用いています。

本人の証明になり得る実印は、それ相応の法的権利を有しており、実印の印影は完全なオリジナルでなくてはなりません。
もちろん、法的権利を有する実印なのですから、同じものがあっては困るわけで、通販などで買った同じ印影の印鑑は使用できません。

実印には、本象牙や黒水牛など高級な印材を使ったものが選ばれ、印鑑の材料、印材の中で最高の材料であるといわれています。
高級印材ですから、質感や使用感はまさしく一級品で、自然保護の観点から象牙は入手の難しい印材であり、稀少性も高級印材が選択される理由となっています。

象牙の場合、牙の中心に近い部分になるほど採取できる本数が少なくなり、稀少価値が高まっていきます。
高級印材を用いた印鑑は、それだけ高価な品物になり、数度も買い替えるような代物ではありません。

さらに、実印は欠けて陰影の囲いが消えれば無効になりますし、判子としても凶印になってしまいます。

実印は一生ものの印鑑になるわけですから、扱いには十分に注意すると共に、保管にも気を遣い、使う機会があまり無くても、できるだけ定期的に手入れをする必要があります。

ページの先頭へ