印鑑購入の注意点

イメージ画像

実印を作る場合は、自分を証明する大事な印鑑になりますので購入にあたっては、慎重に検討してから自分がいいと思ったハンコ屋さんにお願いすればいいと思います。

慎重になるのも大事ですが、自分が実印を作ろうと思った時に、お金に余裕が無かった場合、格安の値段を売りにしている店舗から購入するかも知れませんよね。そのときは、印材などが確かなものか注意する必要があります。

逆にお金に余裕がある人は、自分だけの特別な印鑑になる訳ですので、自分なりにこだわって作ってみてもいいと思いますよ。

安いハンコ屋さんで購入する際は、日本印章業組合等の正規の印章組合に加盟している店舗なのか、特定商取引法の表示や印材の産地の表示をきちんとされているのか、さらにメールのやり取りだけではなく電話応対など、対面販売にも対応がきちんとできているのか、しっかり確認してから注文した方がいいかもしれません。銀行印を複製されたら、自分の通帳口座に1円もなくなったしまった…ということになりかねません。

実印が一番大切なのはわかりますが、銀行印や認印などの印鑑だって自分の大切な印鑑ですから、乱暴に扱う事だけは止めて下さいね。何本も印鑑を持っている人もいると思いますが、使っている印鑑と使っていない印鑑ときちんと区別した方がいいです。

保管場所は、自分が一番安心で安全な所にしまっておきましょう。
実印などの印鑑は一度作ったら、一生使えるので自分の分身だと思って大事にして下さい。

このページの先頭へ